Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Mobile
qrcode
New Entries
Categories
Archives
キャラクター紹介


ケータイ★メン-KT
「ケータイ★メン-KT(ケーティー)-」
ケータイからしか登録できないサイトより呼び出すことができる謎のヒーロー?。 実際にいるのかも分かっていないという設定....。



ケータイ★メン-高波けいた
「高波けいた -タカナミ ケータ-」
通称 <チョメ男> クラAのおたく。



ケータイ★メン-腰越潤
「腰越潤 -コシゴエ ジュン- 」
一部通称 <JK ジエイケイ>
ユメ校1年クラスCで先生に指名され学級委員をやらされてる女の子。性格は強気で、大人っぽいことに興味を持つが、冷めてる面も...。趣味はピアノ。



ケータイ★メン-森木勝
「森木勝 -モリキ マサル-」
通称 <もりっきーまたはモリッキー>
自分はお笑いの才能があると思っている、明るく元気で一応人気者。<腰越同様クラスCの学級委員だが、実際は深夜にバイトをしたり意外な一面も。趣味はお笑い。



ケータイ★メン-柳小路めいる
「柳小路めいる -ヤナギコウジ メイル-」
一部通称 <コジメまたはめいるちゃん>
同じくクラスCのちょっとハデ目ギャル。ふだんは結構イケアゲなのに、テストはいい点をとる。系統が違うがJKとは仲良し。



ケータイ★メン-メーラ
「ケータイ★メン-Mailer(メーラ)-」
めいるがケータイ★メンになった姿。あらゆるメールを操ることができる。格闘技系の技も得意。



ケータイ★メン-長谷映
「長谷映 -ハセ ウツル-」
一部通称 <カメオ>
クラスBのカメラ小僧。写真部。
写メを撮らせたら右に出るものはいない…。



ケータイ★メン-シャメオン
「ケータイ★メン-Shameon(シャメオン)-」
うつるがケータイ★メンになった状態。あらゆる写メを操ることができる。冷静沈着。



ケータイ★メン-京川和智
「京川和智 -キョウカワ ワチ-」
通称 <ワッチー>
ユメ高の美人教師。腰越らと同じタイミングで赴任してきた。イイ女マルダシだが、嫌みもない。男子にも女子にも教師達にもモテる!が、私生活は全く謎...。



ケータイ★メン-稲村純
「稲村 純 -イナムラ ジュン-」
通称 <???>
生まれてからケータイを一度も使った事がない。当然今もケータイを持っていない。よってケータイ★メンの技も全く通用しない...。ケータイ★メンの前に立ちはだかるキャラ。まだ出てくるのは当分先。

ケータイ★メンTwitter
Profile
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Links
Sponsored Links
Feed
Seach this site
2010.10.03 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2010.07.11 Sunday
呼び出し
ケータイ★メン「稲村純+」

★・・‥‥…

昼休み職員質に呼ばれて廊下を歩くじゅん。
みんなが注目する。ヒソる。

じゅんはずっとアルコトをこらえていた....。


呼び出しを食らっているからには行ってだれよりも優しいわっちーと話しをすることは最優先だ。

職員質につくと奥の間に通された。通称尋問室だ。

ここにくるのは二回目だ(たしかカナリヤが自殺したとき)
先方はわっちー1人だ....。

屈強な先生方が数人であたしを吊るし上げ、血祭りにあげるであろう覚悟は、拍子抜けた同時にわっちーのこれがさらなる優しさなのかと思うに五秒もかかった。

京川先生(あらためてわっちーです)
「腰越?よく戻って来たわね。」

じゅん
「せんせ、せんせ、ほんとに、ごめっんなさい。」

こんなことを言おうと思っていた...。
だからアルコトも後回しにしてきた...。

京川先生
「ちょっと時間がかかったわね。補講に出ないと進級できないわ。がんばってね....。

アナタを待っていたんだから。」

じゅん
「?…マッテ。いた?」

京川先生
「安心して、 森木くんは自分にあった場所にいるわ。この学校に戻るかは本人次第だけど。
柳小路は週末にあたしもお見舞いに行くけど。」

じゅん
「あ、あのもりっきーは?どこへ?」

京川先生
「シセツよ。自分にあったね。」

じゅん
「??はあ、あ、はい。めいるはどうなんですか?ひどいんですか?」

京川先生
「ちょっとね....。でもあなたの顔をみれば喜ぶと思うよ。」

わけがわからないけどあまりにも当然のわっちーの口調に押されて、
「はぁ、はい」と応えるじゅん。

京川先生
「校長にも、教頭にも、両親にも全て話してあるわ。みんな大丈夫よ。マア、わたしが大丈夫にしたんだけどね。」

いつものわっちーの笑顔に全てが流れ落ちるように、じゅんはなぜか意味が分からないながらも感動していた。わたしを待っていてくれた人がいる。
それだけで、「いい」ような気がした。
それだけで。


短い時間のようで長いようで。
すでに時は昼休みの終わりを告げていた。

そしてじゅんはアルコトを思い出したが、
午後の授業へと戻らざるを得なかった。


…‥‥・・★
| ケータイ★メン | 第八話 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010.10.03 Sunday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:18 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL : トラックバック機能は終了しました。