Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Mobile
qrcode
New Entries
Categories
Archives
キャラクター紹介


ケータイ★メン-KT
「ケータイ★メン-KT(ケーティー)-」
ケータイからしか登録できないサイトより呼び出すことができる謎のヒーロー?。 実際にいるのかも分かっていないという設定....。



ケータイ★メン-高波けいた
「高波けいた -タカナミ ケータ-」
通称 <チョメ男> クラAのおたく。



ケータイ★メン-腰越潤
「腰越潤 -コシゴエ ジュン- 」
一部通称 <JK ジエイケイ>
ユメ校1年クラスCで先生に指名され学級委員をやらされてる女の子。性格は強気で、大人っぽいことに興味を持つが、冷めてる面も...。趣味はピアノ。



ケータイ★メン-森木勝
「森木勝 -モリキ マサル-」
通称 <もりっきーまたはモリッキー>
自分はお笑いの才能があると思っている、明るく元気で一応人気者。<腰越同様クラスCの学級委員だが、実際は深夜にバイトをしたり意外な一面も。趣味はお笑い。



ケータイ★メン-柳小路めいる
「柳小路めいる -ヤナギコウジ メイル-」
一部通称 <コジメまたはめいるちゃん>
同じくクラスCのちょっとハデ目ギャル。ふだんは結構イケアゲなのに、テストはいい点をとる。系統が違うがJKとは仲良し。



ケータイ★メン-メーラ
「ケータイ★メン-Mailer(メーラ)-」
めいるがケータイ★メンになった姿。あらゆるメールを操ることができる。格闘技系の技も得意。



ケータイ★メン-長谷映
「長谷映 -ハセ ウツル-」
一部通称 <カメオ>
クラスBのカメラ小僧。写真部。
写メを撮らせたら右に出るものはいない…。



ケータイ★メン-シャメオン
「ケータイ★メン-Shameon(シャメオン)-」
うつるがケータイ★メンになった状態。あらゆる写メを操ることができる。冷静沈着。



ケータイ★メン-京川和智
「京川和智 -キョウカワ ワチ-」
通称 <ワッチー>
ユメ高の美人教師。腰越らと同じタイミングで赴任してきた。イイ女マルダシだが、嫌みもない。男子にも女子にも教師達にもモテる!が、私生活は全く謎...。



ケータイ★メン-稲村純
「稲村 純 -イナムラ ジュン-」
通称 <???>
生まれてからケータイを一度も使った事がない。当然今もケータイを持っていない。よってケータイ★メンの技も全く通用しない...。ケータイ★メンの前に立ちはだかるキャラ。まだ出てくるのは当分先。

ケータイ★メンTwitter
Profile
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Links
Sponsored Links
Feed
Seach this site
2010.10.03 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2009.10.17 Saturday
以外な人物はキョートー( ̄■ ̄;)
めいる&うつる

★・・‥‥…

シャメオン、メーラともに声の方に目目をやる。と.....。二人声をそろえて.....。
「きょ、教頭センセ.....。」

真夜中の音楽室音符で出会うにはなんともインパクトのあるキャラだ....。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
わっちー(自宅家にて)
「キョートー!( ̄■ ̄;)!?」
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

シャメオン
(どうやって、ここに? いや、いつからここに????っていうか全部見てたのね!?気づかなかったね!)

教頭センセ
「この子は大切な子だ、まだこの場でこうなるのには早いのだ...。」

メーラ(めいる)
「って、なに言ってんのよ!このHG(ヅラベース)オヤジィ!あたしらこの子にブツとばされそうになってんのよぉ!」(へへ、今ならきっとアタシだってわからないんでしょ?(=´Д`=)ゞウフフ)

シャメオン(うつる)
(バカネ。メーラ、変身する前から見てるってばね...。めいるだってばれてるって。)


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
わっちー(自宅家にて)
「怪しいとは思ってたけど、まさか...ね...。ってコトは教頭とこの子の関係は??。防壁消えてる。今がチャンス(゚□゚;)!?」
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

教頭センセ
「逃げろ、ケーティノ!」

ティノ
「イヤダ!これじゃ負けてるみたいじゃん!」

シャメオン(うつる)
(いま、ケーティノ?って言ったね???)

メーラ(めいる)
「なにいってんのよ!オネーとオニーをホントに怒らせたらメッチャ怖いんだからねヾ(▼ヘ▼;)!」

シャメオン(うつる)
(って、いままで結構ヤラれてたよね...。オレラ。)

教頭センセ
「ダメだ。現段階でも充分だとは思う、でも、今はダメだ。早く行け。」

ティノ
「でもあせる…」

教頭センセ(間髪入れず)
「行けぇ(`д´)ビックリマーク

ティノ(≧ヘ≦)(少しおびえて)
チャス、スタッ!(バク転)
チャス、スタッ!(バク転)
フーワッ!(窓へダイブ!)
すごく軽い身のこなしで、バク転をしつつそのまま窓窓からフウワッっとダイブし、消えた(落ちた)!

教頭センセ
「悪かったね、中途ハンパで...。」

シャメオン(うつる)
「あんたらね、ナニ者なんだ...ね?」

教頭センセ
「もう、わたしもこの学校学校にはいられないな....。楽しかったよ....。ケータイ★メン。」

チャス、スタッ!(バク転)
チャス、スタッ!(バク転)
フーワッ!(窓へダイブ!)
教頭センセ、年甲斐も全く感じさせない身のこなしで窓窓からティノと同じくダイブ!

窓にかけよるメーラ(めいる)!
「ちょっとおぉ!まッちなさいィよおーーヾ(*`Д´*)ノ"!」


すでに、校庭から出て、新道へと向かう道路を走り抜けている、
小さな影とハゲ....。


一瞬、追おうとするメーラに、
シャメオン(うつる)
「やめとけね、放っておこう(´‐` ○)。」

メーラ(めいる)
「う”う、(-゛-;)!」
(窓枠に足をかけてとどまる、メーラ)

ちょっとぶっ壊れかけた音楽室、午前3時星空をまわっていた....。

シャメオン(うつる)
「おっと!、いけネね!こいつら助けなきゃね!」

じゅん(x_x)、もりき(x_x)、さがわ(x_x)
3人とも完全に気絶して、机机の上または下にもんどりうっている状態を思い出したように言った...。



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
晴れ翌朝

あたしは気づいたら自分の家のベッドベッドだった。あの時間はまったくケータイ携帯のメールや着信は一切ない。速攻でメール手紙を送ったのはなぜかモリッキーだった。
次にメールラブレターを送ったのはヤマト(佐川ですよ、じゅんの彼氏ですよ)....。
そして、めいる...うつるの順だった。

みな一様に返事は同じで、女の子を見た後の記憶がない。
気づいたら自宅で寝てた?.....というもの。


学校ガッコ

ボロボロになった音楽室が、写メのこともあって生徒、ガッコともに大騒動!!!!!
といったほどでもなく。。。

もくもくと片付けが行われ、朝礼で校長が「こんなことが起こるとは想像できませんでした」と言ったまるで人ごとなコメントが淡々と喋っている場にひとつ地味に不自然なことは教頭の姿がなかったこと...。

あたしはそれに気づいたが、地味だったので忘れた...。

それよりも、わっちーこと京川センセの苦虫だんごむしを噛み潰したようなシブイ表情の方がよっぽど気になった...,.。





…‥‥・・★
ネット上で検索すると「ケータイ☆ノン」というなぞのキーワードがぽつりとひっかかるようになっていた。

JUGEMテーマ:連続ブログ小説

| ケータイ★メン | 第四話 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.10.06 Tuesday
激闘!@音楽室
メーラアップ

第四話のここまでの超あらすじ(・* ▽ *・)/

夢ケ丘高校の真夜中の音楽室に映っている女の子の写メールが学校中でうわさになる。そんな中クラスBの写真部で写メの達人である「長谷 映(ハセ ウツル」と知り合い。もりきは気に入るが怪しさはぬぐえないこのうつると、じゅん、めいる、さがわ(じゅんの彼氏になっている)一緒に真実を確かめるため 深夜の音楽室に侵入する。音楽室からはピアノの音が聞こえ、みんなが入ってみるとなんとほんとに女の子がいた!謎の女の子はティノといい、うつるとめいる に対して攻撃を仕掛けてきた!

★・・‥‥…



じゅん(x_x)、もりき(x_x)、さがわ(x_x)
3人とも完全に気絶ショック!して、机机の上または下にもんどりうっている。

シャメオン(うつる)
「ちょっと聞いたことあるね。でも、よくはわからないね...。ただ、ティノって名前ってことはだね...。」

めいる
「あぁ、あたし、あぁ、あたし、ケータイ★......メン!って男男の子じゃないの!
あたしは女♀の子でつよ!」

ティノ(女の子のこと)
「電磁波防壁は効いてるの?」

シャメオン(うつる)
「…」
(自信がないのか。。。効いているのにね。まずいくらいにね。)


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

わっちー
自宅?と思われる場所でケータイの画面を見つめている。
ケータイはiPhoneで、画面には次々と情報が更新されている様子。
「…あらま、アンテナ1本1っ本立つか立たないかだわ…。」

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

シャメオン(うつる)
(かろうじて、ブースターでなんとか立っているね。めいるにも早く。。。。ね。。。)

めいる
「うううー、なんで!?なんでなの?こんな小さい女の子と?タタかう?の??」


はうぅぅぅる!さァァァーーーーーーーーーー( ・∀・)!
ティノがすばやく移動しめいるの方に突っ込んでくる!


シャメオン(うつる)
「めいる、まにあわ....!」

ゴツッン!
ティノのジャンピングニーをぎりぎりのところでガードするめいる。後方にすっとびそうだが、なんとか意地でこらえる。。。。


スチャッ!
ティノ着地!

めいる
「うおーら(ノ `Д´)ノ!」
めいるの下まわし蹴り足払い!


ティノ再びジャンプでかわす!

シャメオン(うつる)
「シャメリオン!」
ティノの動きが空中で止まる!
シャメリオンは本来写メールの中に相手を閉じ込めてしまうという恐怖の技だが、電波1本が悪いためすぐに解除されてしまう。

めいる
「やるっきゃないのね。。。




ケータイ★メン!☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★」




どうやったのかわからない、でも、なんとなく身体でわかっていたような気がする。(やるしかないんだ。ここで二人でこの女の子と戦わないとヤラレル、そうなんだね。)

シャメオン(うつる)
「メーラ!はやくブースターを!」

メーラ(めいる)
「うううううううううううううううううるが(゚0゚)/!」
(メイルの手前で伸びるパンチ!右ストレート!)

ティノよけるが、よけきれずガスっる!
「バキッ ☆);'0')った、ティノのこと、なぐった。。。」

シャメオン(うつる)
「すげぇね、メーラ、ケータイメンのパワーじゃなく、普段のパワーを増幅させて動いているね。。。」

ティノ
倒れかけるがふんばり、すぐに切り返し、瞬時にめいるのふところへ!

メーラ(めいる)
「オブ!(*x_。)
(どてっぱらにパンチをくらうメーラ)
なあ、なんで(/+O+)/。。。ょ。。。」

シャメオン(うつる)
「メーラ、めいるの技でなくケータイメンの技を使うんだね!そのためにはこの女の子の電磁波防壁を押し返すんだね!o(゚ロ゚)o!」

メーラ(めいる)
「どーーっやんのよ!」

シャメオン(うつる)
「ああああああ、あわあわ、(ノ □ )ノ わかんねいかね?ええ、え、ブースターだよ!そのマントだね!」

メーラ(めいる)
「どーーっっれっ(ノ `Д´)ノ!」

ブンアンテナ
(バリサンまで立った音!)

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
わっちー
相変わらず部屋で静観している。
「まあ、やるじゃない。」
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

じゅん(x_x)、もりき(x_x)、さがわ(x_x)
3人とも完全に気絶して、机机の上または下にもんどりうっている。

シャメオン(うつる)
「シャメリガン!」

強力な光にティノが翻弄される!
ティノ
「うああっ;゚゚)ノ!」
光をよけつつ倒れこむティノ、しかし、すぐに立ち上がろうとする!


ここだけ観ると子供をいぢめるケータイ★メンの図だ...。


急にだれかの声、おっさん声、いや先生!?の声!
「もう、やめろ(  ̄□ ̄)!」

その声の主は( ・∀・)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




…‥‥・・★
ケータイ★メンのマントは、電波ブースターらしい。


JUGEMテーマ:連続ブログ小説

| ケータイ★メン | 第四話 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.09.24 Thursday
ティノというHNの女の子
シャメオンカラーアップ

★・・‥‥…

じゅん
「ねえ、出て来て....、あたしたちは怖くないわ。」

めいる
(この子の方が全然怖いわよ( >з<)〜)


ぬーーーーーっと出て来た。
女の子は、目が大きくくりくりして、やせ細ったおかっぱあたま。洋服は水色。見たところ小学生低学年くらい!?

もりき
「き、きみ、なんでこんなところにいるの????夜中だよ。パパやママは(◎o◎)?」

うつる
写メを撮ろうと、ケータイをかざす。(!!!!!!!映らない!!!!!!ケータイに映らないよね?)

じゅん
「名前は?なんていうの(^∧^)?怖がらないで出て来て。」

うつる
「じゅん、離れろ!そいつは写メに映らないね(゜ο°;)ノ !」

さがわ
「ホントだ!映らな(゜ε゜;).....」

同じく写メを撮ろうとしていたさがわが言った次の瞬間.....
「ボッ!フゥゥゥッゥゥゥゥッゥゥゥ!!!!!!!!!!!!!ッッッッッッ!」



すっとんだ!
めいる、もりき、さがわの3人が、とんでもない衝撃をくらったのち、すっとんだ。ピアノが約5センチ移動、机、イスは壁際に追いやられた。窓ガラスは割れなかったが一部にヒビ。めいる、もりき、さがわの3人も、机やイスとともにスッっとんで、いっぱつで気絶した。


うつる
「「低周波ショック」か、気絶するほどの威力、おれラには、リミッターがあるから効かなかったね....(-_-;)。」

そう、この衝撃波(のようなモノ)をものともせずに立っていられたのは、
「うつる」と「めいる」だけだった。

めいる
「な、なんで?じゅんたちダイジョブ???(O_O)」

うつる
「大丈夫だ、脳しんとうを起こして気絶しているだけだね。怪我はもしかしたらしてるかも。ね....。ただ、これは攻撃ではなく、振り分けだね...。」

めいる
「ふりわけ?(・.・;)」

うつる
「わかってるんだよね?めいるちゃん?とっくにね?君はぼくと同じ....。」

めいる
「…(・.・;)」

うつる
きみが、送信できなかったカナリヤのメールを「JK(じゅんの一部の連中だけが使うあだ名)」に転送した時から。わかっているよね?

めいる
「…ああ(;ロ;)、ああ(;ロ;)、あぁ...」

めいるの肩が小刻みに震える...。汗がこめかみを流れる。

うつる
「この子は本登録をしているね。HNはティノだね...。」

ティノ(女の子のこと)
「本登録はしてないよ....。ティノは......」

シュバ!
ティノ(女の子のこと)が構えた!
「コールドプレイ!」

ビュオォォォッォォッッォォゥウウウウウゥゥゥッゥゥゥ!

音楽室の温度が一気に下がる。おそらく真冬。氷点下近くまで。急に温度が下がったので、あまり寒くない。

うつる
「もう、ダメダね...。ケータイ★メン!☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★」

めいる
「(・0・;)」

めいるは、分かっていた、全て本当に。でも、受け入れられていなかった。いや、うけいれたくなかった。目の前でうつるがケータイ★メンにトランスフォームしたことを。そして、自分もコレがデキルのだということを。この場でこの女の子と戦わねばならないということも....。


シャメオン(うつる)
「まず、温度を下げてバッテリのモチを悪くさせるとはね。この子、相当に....。」




むー、むー、むー。
わっちー(京川先生)のケータイにメールが入る。バイブなのと、あまり夜中まで起きていると肌荒れに響くので、12時前には就寝しているわっちーはそれでもなんとなく気づく。

わっちー
「ふわ〜(~0~)、こんな夜中にドコの男よぉぉ。な〜んつてネ(-_\)。」

メールタイトル「発生:レヴェル4 場所:学校 部屋:音楽室」
本文「音楽室に完全電磁波防壁発生......」

わっちー
「あらま...グー…(__).。oO。」






…‥‥・・★
ケータイ★メンは電源が切れると非常にマズイ。

JUGEMテーマ:連続ブログ小説

| ケータイ★メン | 第四話 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |