Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Mobile
qrcode
New Entries
Categories
Archives
キャラクター紹介


ケータイ★メン-KT
「ケータイ★メン-KT(ケーティー)-」
ケータイからしか登録できないサイトより呼び出すことができる謎のヒーロー?。 実際にいるのかも分かっていないという設定....。



ケータイ★メン-高波けいた
「高波けいた -タカナミ ケータ-」
通称 <チョメ男> クラAのおたく。



ケータイ★メン-腰越潤
「腰越潤 -コシゴエ ジュン- 」
一部通称 <JK ジエイケイ>
ユメ校1年クラスCで先生に指名され学級委員をやらされてる女の子。性格は強気で、大人っぽいことに興味を持つが、冷めてる面も...。趣味はピアノ。



ケータイ★メン-森木勝
「森木勝 -モリキ マサル-」
通称 <もりっきーまたはモリッキー>
自分はお笑いの才能があると思っている、明るく元気で一応人気者。<腰越同様クラスCの学級委員だが、実際は深夜にバイトをしたり意外な一面も。趣味はお笑い。



ケータイ★メン-柳小路めいる
「柳小路めいる -ヤナギコウジ メイル-」
一部通称 <コジメまたはめいるちゃん>
同じくクラスCのちょっとハデ目ギャル。ふだんは結構イケアゲなのに、テストはいい点をとる。系統が違うがJKとは仲良し。



ケータイ★メン-メーラ
「ケータイ★メン-Mailer(メーラ)-」
めいるがケータイ★メンになった姿。あらゆるメールを操ることができる。格闘技系の技も得意。



ケータイ★メン-長谷映
「長谷映 -ハセ ウツル-」
一部通称 <カメオ>
クラスBのカメラ小僧。写真部。
写メを撮らせたら右に出るものはいない…。



ケータイ★メン-シャメオン
「ケータイ★メン-Shameon(シャメオン)-」
うつるがケータイ★メンになった状態。あらゆる写メを操ることができる。冷静沈着。



ケータイ★メン-京川和智
「京川和智 -キョウカワ ワチ-」
通称 <ワッチー>
ユメ高の美人教師。腰越らと同じタイミングで赴任してきた。イイ女マルダシだが、嫌みもない。男子にも女子にも教師達にもモテる!が、私生活は全く謎...。



ケータイ★メン-稲村純
「稲村 純 -イナムラ ジュン-」
通称 <???>
生まれてからケータイを一度も使った事がない。当然今もケータイを持っていない。よってケータイ★メンの技も全く通用しない...。ケータイ★メンの前に立ちはだかるキャラ。まだ出てくるのは当分先。

ケータイ★メンTwitter
Profile
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Links
Sponsored Links
Feed
Seach this site
2010.10.03 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2009.06.25 Thursday
メールをくれたのは誰だったのか.....
  ★・・‥‥…



ガッコ学校は事件からかなり平常をとりもどしつつあっタ。
時間がすべてを洗い流してくれるというのは案外ホントか?


「よっす!(^o^)/」

ワッチーがまた声をかけてきた。が、

「おはようございます!せんせ!ヾ(^∇^)」

と満面の笑みのわたU...。











゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


すべてが解放されたFREE........。

カナリヤのケータイ★メンのサイトへの仮登録は「お義父さんからの逃避」だった。

そして、本登録の内容は「お義父さんへの復讐」だった。



しかし、ここで計算が狂った(・ω・)b。

きっとカナリヤはケータイ★メンに本登録したアトに自殺したのだ....。
これはケータイ★メンにとっても予想外だったのかもしれない。


しかし、ケータイ★メンは本登録の内容を実行した...。


カナリヤのT以下6人に対する行為は、義父によるレイフ ゚から追いつめられた精神が最もヤバイベクトルにあらわれた行動だったのか?

あるいは究極の自傷行為?.....。

若い人が死ぬ衝撃はデカイ。

ワッチーの言っていた台詞を思い出した。



「つらい.......、どんな偉業を成し遂げた老人が死ぬより、あなたたちが死ぬ方が、なによりもつらい....。」




うう。ううう泣
「カナリヤ、腐ってたのは、
あんたじゃない。
世の中の方だよ..........」

ううううう、うううううううううくっくっくうっくくうううううううううぅぅぅぅぅ。。....





(ようやく涙が出た涙...)










゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



センセイ達からもカナリヤのお義父さんが逮捕されたことは
一切公表なし( ̄△ ̄).......。


T以下6名を見ると吐き気がするがその程度だ。
あたしだったら、これくらいはクリアクリアできるよ。


森木には若干刺激が強すぎたらしくPTSD気味とのこと(by ワッチー)。
ただ、深夜にバイトして大学生とちょいちょい遊んでいるくらいのヤツなんだから大丈夫だろうう。。。


なーんか、あとあじワルい。


ただ、この一連のカナリヤの一件が、
後になってあたしの行動に大きな影響を与えるとわ(。・д・。)...。


私が知り得たコトは結局誰にも話していない。
なんとなくヒミツを共有しているモリッキーとあたしがチョイ仲良くなったくらいビックリマーク







でも、これでいいやはっ















おっととととととと!!
もうひとつ解けてないナゾがあるのを忘れてた( ̄□ ̄;)...。






カナリヤはどうやってメール手紙をあたしに送ったのか?

メールは偽装されていない。

間違いなくカナリヤが自殺した翌日にあたしのもとに届いている。

キャリアのせい???






ちがうよね。

それはきっとキセキ(奇跡)だわ(´△`).........













゚・*:.。..。.:*・゚゚

すわーーーー、風ふいた。

スカートがめくれてイエローのパンツが見えたΣ(・ω・)

後ろにいた森木が言う。

「JK、黄色かあ(*゚▽゚*)。

あ、そ、そういえばさああ、あのオレのバイト先の例のさああ、チョイワル大学生たちがさあ、

合コンはいつやるんだ?
って( ̄∇ ̄*)ゞ、言われててさ....。

ハハハ。」











「黄色ぢゃない!レモンイエローだよ!!!!!!!!!!」











第二話 完
…‥‥・・★

ケータイ★メンはそれぞれ能力をもっていて、
その中にはメールを自由自在に操ることができるヤツがいるという.....。

JUGEMテーマ:連続ブログ小説

| ケータイ★メン | 第二話 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.06.21 Sunday
全てがわかるとき ケータイ★メンは....
  ★・・‥‥…

これもワッチーから告別式で聞いたハナシだが、
カナリヤは司法解剖されなかった。
かたくなに、義父はそれを拒んだようだ。




と同時に、あのメールの内容が、またあたしのアタマヲかけめぐったえ゛!


「ジェイケイ(あたしの一部の人たちだけが使うあだ名)、わたしねワルイことしたと思ってる。みんなにはメーワクかけちゃった なって。でもこれでイイの。心配はしないで。JKにだけ云おうと思って。この世界は腐ってたけど、あたしはもっと腐ってた。腐ったモノは捨てられちゃうん だよ。まわりも腐っていっちゃうからね...。さようなら。」



自分は腐っていたムムム?

それは、T以下相手に「誰にも言えないコト」をしていたからムムム

みんなにメーワクってそれムムム

それで、自殺するヒツヨーがあったのムムム

ケータイ★メンに本登録した内容と自殺の関連性?  まさか?
ケータイ★メンと自殺が関係ないとしたら、
その本登録した内容はこれから実現される?(・Д・;)





カナリヤは自分の部屋で首を吊って自殺した。

カナリヤの遺書には「もう、わたしの部屋に入ってこないで」とだけあった!

だれが、入ってきていたんだ????








「メールの、添付ファイルを、見よう。腰越(゜д゜;).....。」
森木が言った。



もう見るしかない。

あのメールの添付ファイルを開くことにした。



ケータイをとりだすJK。



二人は画面をのぞきコム。










そこには、
「おっさんに抱かれた、カナリヤ」
が写っていた..................。










息をのんでモリキが言う。

「やっぱり、カナリヤはそういうヤツだったんだ...。

ひどいな。エンコ●まで...。

自分がイヤになって自殺したん.....」




JKは見たので知っていた。
まちがいない、そのおっさんは、










「カナリヤのお義父さんだ!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッゴゴゴゴゴ!!!!!

















゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

おっさんは今日も会社帰りにケータイ携帯

ジョシコーセイ漁りにせいをだしていた。

おっさんのくせに親指タイピングの早さはピカイチだ。

おっさんはまんまと今日も1ジョシコーセイを3諭吉¥でゲットした。

細身の色白パッキンのやせっぽちだが、

おっさんにとってはぜんぜん上物だ。

まんまとホテノレに入った......。へへへ。









↓↓↓↓↓↓↓↓
ズゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーーーーンン
とにかくまずするどい目が、その眼光が飛び込んで来た。
↑↑↑↑↑↑↑↑


「なあ、なんだオマエは!?」



「あなたの義娘(ムスメ)に頼まれてきた......。」




「あ”あ”っ??( ̄Д ̄;;」




おっさんはあまりにも無防備だった。

机の上に置いてあったケータイを握ったその男が....。


「ケータイ★バスタ!」


ゴッッカッ!

「ん”ん”ぁぁああ”ぐひ0ーッ!」




「ぴーぽーーぴーーぽおーーパトランプ

鳴り響くサイレンのドップラー効果がホテノレラブホ街に響く。





おっさんは裸のまま、なぜか腰の激痛にさいなまれながら、

なおかつジョシコーセイにのっかりチツケ●レンでロックされた状態で、

キューキューシャ救急車でケーサツに直行された。

おっさんは腰に壊滅的なダメージを受け以後半身不随となっったうえ児ポ法 により裁かれることになる...。







自分の義娘が自殺した一週間後の夜の出来事だった..............。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


カナリヤの本登録の内容は、実現されたのだ........。


…‥‥・・★

JUGEMテーマ:連続ブログ小説

| ケータイ★メン | 第二話 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.06.18 Thursday
いじめの真実
  第二話からここまでの超あらすじ(♡* ▽ *♡)/

夢ケ丘高校のJK(ジェイケイ)こと「腰越潤」のクラスメイトである「カナリヤ(かなりヤリマソの略というひどいアダ名の女の子)」が自殺した....。 「カナリヤ」は自殺する前に謎のサイト「ケータイ★メン」に登録したという。担任の美人教師「京川和智(ワッチー)」に呼び出されたJKのもとに自殺した 「カナリヤ」からメールがとどく。この謎を解くべく、同じクラスメイトの「森木勝(モリッキー)」に相談して「カナリヤ」をイジメていたクラスメイトT以 下6名に、「森木」のバイト先のチョイワル大学生に頼んでワナにかけ新事実を聞き出すことに成功。そのことをJKに話すのを躊躇していた森木は、昼休み屋 上でJKに今まさに重い口を開こうとしていた............。


★・・‥‥…









昼休み晴れ
あたしと森木は屋上に行く。

屋上は出入り禁止でも秘密のスペースでもなんでもない。
意味もなくみんながぽんつりぽっつりと溜まっている。
ほぼーっとしているやつ、友達2〜3人とウキャキャキヤと話しているヤカラ、ひとり寂しくクリイムパンをほおばるヤツなどなど、セイシュンを謳歌するところとなっていた。







森木からチョイワル大学生とT以下6人の話を菊耳




最初はTがいわゆるシカトをしはじめた。
しかしカナリヤはとくにそれを気にしていなかった。

Tは、徐々に仲間をまきこんで、カナリヤをいじめるようになった。
裏サイトにカナリヤのウソかほんとか痴態がカキコまれ始めたのもこのころだ。
それは最終的にメイン6人、とりまき数人となった。そのころには関係ないクラスのジョシもカナリヤから離れていった。

今回のイヂメで特徴的なのはT以下男子が中心になってはじまったと云フことだ。





最終的にT以下6人の行動が豹変したのは、体育館へカナリヤを呼び出してからだ。

以降、カナリヤは、よく体育館に連れられていった。
カナリヤがどんどん暗くなっていったのもほぼ同時期。

ここまではあたしもなんとなく知っている。
カナリヤと接触したのもその時期だったし。


モリッキーは、ほんとに何かコクるかようなカタイ態度で続きを語った......。



チョイワル大学生がウソを言ったのか?
いや、違う、それは驚愕の真実だった..........。




























「アタシトシタイ?」

カナリヤは、T以下6人をアイテニ体育館ノ用具室デショーヲ開イテイタト云フ...。


イイヨ。フ、ウ。ダメ。ツカッテハダメヨ。ア。チョットミセテミテ。スベテワタシノイフトオリニシテ。コノコトヲダレカニイッタラオハリヨ。コノコト ハココニイルミンナノヒミツヨ。ダレカニチクッタラコノコトハゼンブバラス。ゼンブネ。アナタタチニムリヤリヤラレタトイフワ。センセイニモ。モチロンア ナタタチノオヤニモ。ウフフ。フフフ.........................。



















「カナリヤはホントにヤリマソだっッたんだよ.............」


モリッキーが、あたしに申し訳なさそうな顔で云ッタ...。








純(ぴゅあ)だな......。森木わ......。ウソではないことはすぐにワカッタ。

あたしは知ってる(・Д・)。

世の中には他人(ヒト)に絶対言えないヤバイコトがワンサとある(・Д・)。

あたしたちの身の回りには、一歩踏み外すとそんな世界がウヨウヨと潜んでいる(・Д・)。

それが何か目の前にドットリアルに現れた(・Д・)。

そんなカンジだ......(・Д・)。











って、いや、こんなカンタンなオチでたまるか....。



「そんな....、モリキ!何もわかってないぢゃない!
ケータイ★メンは!?
あたしへのメールは???
自殺の理由は???????
遺書の意味は?????????
カナリヤのコト何にも、これじゃなにもわからないよォぉ!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」





屋上のみなが一斉にシロイ目を向け、そしてすぐに知らん顔でまたオノレラの会話にもどる。


森木の顔がさらに申し訳なさそうになって汗る....。




…‥‥・・★
ケータイ★メンに本登録された内容は、自分がブチらない限り実行される。
しかし、ケータイ★メンに直接会って頼めば、本登録の内容を変更することができる。
かもしれない....。



JUGEMテーマ:連続ブログ小説
| ケータイ★メン | 第二話 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |