Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Mobile
qrcode
New Entries
Categories
Archives
キャラクター紹介


ケータイ★メン-KT
「ケータイ★メン-KT(ケーティー)-」
ケータイからしか登録できないサイトより呼び出すことができる謎のヒーロー?。 実際にいるのかも分かっていないという設定....。



ケータイ★メン-高波けいた
「高波けいた -タカナミ ケータ-」
通称 <チョメ男> クラAのおたく。



ケータイ★メン-腰越潤
「腰越潤 -コシゴエ ジュン- 」
一部通称 <JK ジエイケイ>
ユメ校1年クラスCで先生に指名され学級委員をやらされてる女の子。性格は強気で、大人っぽいことに興味を持つが、冷めてる面も...。趣味はピアノ。



ケータイ★メン-森木勝
「森木勝 -モリキ マサル-」
通称 <もりっきーまたはモリッキー>
自分はお笑いの才能があると思っている、明るく元気で一応人気者。<腰越同様クラスCの学級委員だが、実際は深夜にバイトをしたり意外な一面も。趣味はお笑い。



ケータイ★メン-柳小路めいる
「柳小路めいる -ヤナギコウジ メイル-」
一部通称 <コジメまたはめいるちゃん>
同じくクラスCのちょっとハデ目ギャル。ふだんは結構イケアゲなのに、テストはいい点をとる。系統が違うがJKとは仲良し。



ケータイ★メン-メーラ
「ケータイ★メン-Mailer(メーラ)-」
めいるがケータイ★メンになった姿。あらゆるメールを操ることができる。格闘技系の技も得意。



ケータイ★メン-長谷映
「長谷映 -ハセ ウツル-」
一部通称 <カメオ>
クラスBのカメラ小僧。写真部。
写メを撮らせたら右に出るものはいない…。



ケータイ★メン-シャメオン
「ケータイ★メン-Shameon(シャメオン)-」
うつるがケータイ★メンになった状態。あらゆる写メを操ることができる。冷静沈着。



ケータイ★メン-京川和智
「京川和智 -キョウカワ ワチ-」
通称 <ワッチー>
ユメ高の美人教師。腰越らと同じタイミングで赴任してきた。イイ女マルダシだが、嫌みもない。男子にも女子にも教師達にもモテる!が、私生活は全く謎...。



ケータイ★メン-稲村純
「稲村 純 -イナムラ ジュン-」
通称 <???>
生まれてからケータイを一度も使った事がない。当然今もケータイを持っていない。よってケータイ★メンの技も全く通用しない...。ケータイ★メンの前に立ちはだかるキャラ。まだ出てくるのは当分先。

ケータイ★メンTwitter
Profile
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Links
Sponsored Links
Feed
Seach this site
2010.10.03 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2010.03.07 Sunday
絶望保健室
ケータイ★メン「めいるとメーラー」

★・・‥‥…

何もいわず、下を向いたままクラCの教室に入って行く。

何人かに「おはよ」と言われた気がしたが、つぶやくように返事したかしなかったかなんだか...。

意外にも明るく「おはよう!」としかも、中学生日記ばりのあり得なさで、肩をポンっとたたかれて挨拶されたので、さすがにそいつの顔は見た。

もりっきーだった。

「オハヨ...」
つぶやくように返事した。
おそらく私の顔は、げっそりとしていたのだろう、でも、もりきの顔もすこしやつれていたように見えた。目の下の隈もよく見ればひどい。

そういえば森木が深夜にバイトしていることを思い出した....。
なんでこいつバイトしてんだろ。
ああ、どうでもいいや。


もりきのすぐうしろにめいるが見えた。

「オッハヨ!」
めいるのいつものテンションでの挨拶に、
吐き気がしてしまった。これは重症だ....。

じゅん
「ごめん、気分が悪いんだ....。」

めいる
「大丈夫?最近いろいろあったしね...。」

どうして、いろいろあったって知ってるんだ?
やっぱり、確信犯か?! 
メールは筒抜けだ。
もしかしたら、偽メールを贈る事もできるかもしれない!めいるならデキそうだ!
ヒドイ!
(この間0.31秒)

じゅん
「あ、ああ、ごめんほおんんとツライわ、保健室行ってくる。ゴメン。」

なんで、ゴメンとか言ってるんだ。
どうせ授業には身が入らない。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
保健室
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

熱とか測らせられたりして。
でも、あまりに私の顔色が悪いからか、素直に受け入れられた。保健室のベッドがなぜか寝心地がいい。

「事実を確かめなくちゃ...............................。

このまま逃げていてもダメだ.......................。

やまと(じゅんの彼)に聞けばいいんだよね..............。

あたし、こんな弱かったかな.....。」

2限が終わるチャイムが鳴った。

これで、ダメなら帰りなさいって保健の先生は言っていたな。
どうしよ。

「コンコン」
だれか保健室に入って来た。

保健の先生とぼそぼそと会話が聞こえる。
「もりき」だ。ぼそぼそ声でわかった。

カーテンをすっと先生がのぞいたあと森木が顔を出す。
目があった。

じゅん
「もりき....、なんか久しぶりな気がするね...。なんかやつれてない?」

もりき
「おまえ、人のこと言えるかよ、おまえだってひどい顔だよ。だから心配で来たんだ。」

じゅん
「そっか、でももう大丈夫だよ。次から授業にもどるって....。」

もりき
「でも....。おれもプロフ見たよ。ひどいよな...。」

じゅん
「!( ;゚Д゚)

もりき
「JK(たまに呼ばれるじゅんのあだ名)が、いろいろとひどいことになっている間に、さがわとめいるのやつ、ちゃっかり...、ほんとひどいよな....。」


ホントだったんだ....、一応今まで何かの間違いだと、数パーセントでもまだ残っているって思ってた。「なーんだ」って「みんなでニコニコしているオチ」が、まだどこかで待っている、そう思っていた,,,,,。
しかし、もりきの一言であたしは、とどめを刺されたかのようだった。

おわた......。

まだ、さがわやめいるに何も直接確認していないのに。オワッタ。


…‥‥・・★
話題になればなるほどケータイ★メンの偽サイトは増え続けていた。


JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:連続ブログ小説

| ケータイ★メン | 第六話 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010.02.21 Sunday
別れさせ屋
ケータイ★メン「京川和智」

★・・‥‥…

[中高生のあいだで話題沸騰ケータイ★メンって何?]

わっちー
「週刊誌がんばってるわね〜。こんな見出しでちゃってるわよ。気をつけてよん...」

けいた
「いや、世のメディアはケータイ★メンを写真におさめようと必死でつよ。そこに書かれていることだって3割当たってます。」

わっちー
「ホントだ、発表との関連づけまで書いてあるわ...。ハヤイね。」

けいた
「スパイダー★メンみたいに自分で写真撮って売ろうかな..(`L_` )フフッ。」

わっちー
「これから忙しくなるし、早くあの娘(コ)にもね....。そうだ、めいるの件だけど、組織では何も処分ナシで決定よ。」

けいた
「いやあ。めいるは気づいてわざとデータを改ざんしていまつ(。・ω・)。
本来なら端末没収、最低でもシマツショかと(´_`。)。」

わっちー
「いや、めいるの将来性と今回の業績の評価が規約を上回ったわ...。本部は発表に追われてあまり精査している時間がなかった....。とはいえねぇ。」

けいた
「しかし、みんな規約読まないんでつよね。ちゃんと書いてあるのに(・O・)。」

わっちー
「そうね。あの娘(コ)もね....。」

相変わらず上記の会話は全てメールです....。






☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

じゅんはいつもどおりナニゲなくプロフにログインした。
そしてなにげなく、ほんとに何気なくだが、めいるのところを見てみる。

そこには彼氏からほっぺにキスされ、うれしそうにしているめいるの写真。

じゅん
「おお!アイツいつのまに彼氏できてんの!...........?」

しかし、次の瞬間、そのオトコの横顔を見て我が目を疑った。

じゅん
「あれ、さがわにそっくり?」

横顔なのでか、そして勘違いしたいモードなのかじっくり見いった。

そう、さがわだ。
間違いなく.......、

じゅんの彼氏のはずの「佐川ヤマト」だ。

服装も髪型も間違いない。
じゅんの胸がドキドキした。実はあまり、付き合ってからもこんな風にきゅーっとなったコトはなかった。付き合い始めもなんとなくだったし、寂しいときにい つもそばにいてくれた。彼氏としては、おそらく優秀であろうさがわに対して、なんというか、こう初めてときめいたというとか....。とにかくドキドキし たのだ。

それと同時にめいるが信じられない...。
あたしにだけいろいろなコトをくったくなく話してくれためいる....。

ともだちだ。思えば数少ない私のともだち?

さがわが好きだった?
そんなはずわ........。
これは何かの間違いだ....。

誰に、誰に最初に言えばいい?
この状況を、この状況を....。

そうしている間にガッコが目の前に迫っていた。教室に行けば否応なくめいると会ってしまう。

なんと言えばいい?
めいるになんと言えばいい?

さがわにメールを出すのがきっと、この場合はきっと一番だ。違うか?当事者だ。誰よりも先に本人に確かめるのが普通でしょ?

じゅん
「はっ!」

そだ! メールは「めいる」に見られてしまう.....。
もし、このことがほんとでもうそでも、きっとめいるは、メールを盗み見る!そうに違いない!

初めて、めいるの驚異的な能力(エアメールリーダー) に対して激しく嫌悪した。

メールは使えない....。

めんと向かって確かめるのか....。
いままでさがわに対しては若干ツンデレだった。こういうコトが起きるとは想定していなかった。

じゅんは対処法が分からなかったのだ。
たぶん、自分がふられたり、まさか二股をかけらりたりするなんて.....。まさか、友達に彼氏を奪われるなんて!

なんて、考えたこともなかった......。





…‥‥・・★

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:創作活動


| ケータイ★メン | 第六話 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010.02.14 Sunday
3キャリア同時発表、ケータイ犯罪撲滅!か?
ケータイ★メン「もりき&じゅん」
第6話ここまでの超あらすじ
第5話までの集団置換騒動も収束かと思われたが、下校中のじゅんは彼氏であるさがわと別れた直後、レイパーに教われる。しかしタイミングよく現れたもりき によって救われたがケータイを壊してしまい、翌朝ガッコをさぼってショップに行き可愛くて怪すぃ端末を無料でもらってくる。さがわはたった1日連絡がとれ ずにフラれたと思っていたじゅんと早速仲直りのキッス。しかしそれを目撃したもりきの目は嫉妬に燃えていた..........。


★・・‥‥…
もりき
(ちくしょー、ちくしょー、助けてやったのはオレなのに!ちくしょー、ちくしょー、なんでさがわばっかりオイシイ思いをすんだっ!よぉ!ああ、じゅん、じゅんのくちびるが...。さがわにぃぃぃぃ。あ"あ"あ"あ"( °д°)!)


すべての告知を行き渡らせ、ケータイも新しくなり、さがわとも、仲直りし、その半日にて昨日のことはリセットされたかのごとく復活したじゅんは、ようやくもりきのことを思い出した。

じゅん
(そうだ、もりきにお礼をしよう。そんで....、新しいケータイのことも言わなきゃ...。)

しかし、もりきの姿は教室には見当たらない。話によると朝はいたみたいだが、じゅんが登校してきたあたりからいなくなったようだ。




その日の夕方夜の街
いつも見ているケータイの画面にちょっと一目に値する記事が出ていた。実際には昼間のニュースみたいだ。

ニュースヘッドライン
「3キャリア同時発表。ケータイによる犯罪を撲滅。」

3キャリアが同時に記者発表会を行った。
内容はざっと以下の通り。

20XX年までにケータイによる犯罪を防止する様々なフィルタリングサービスや相談サービスを提供する会社「KTMS」を設立する。サービスは3キャリアが合同で運営しケータイからは通信料を含む全てが無料で利用できる。
「深刻化するケータイを利用した犯罪や、ケータイに関わる社会問題全てをクリアする義務が、もはや通信インフラを超えたコミュニケーションインフラを提供する会社として必要であると判断した。」....


ぼーーーっと、いやなんとなーく。
じゅんはその記事を読んだ。
(これで裏サイトとか全部なくなるのかな?無理でしょ...。)

今日は家までさがわが送ってくれた。
下校路もその道は二度と通らないことに決めた。



その夜星空

はあ、はあ、ああ、じゅん、好きだ。じゅん、好きだ。ああ、愛してる(*´Д`)=з
どうすれば、どうすればいい?この気持ちは.......。あぁ、
さがわ!逝っていいよ!
あいつ、あいつさえ、あいつさえいなければ....。いまごろじゅんは!
そうだ、そうだ!ネットは便利だな、こんなサービスがある....。ふふふ。
「別れさせ屋」だ....。へへぇ。うへへへぇ(`∀´)....。


場所は変わって
アイポン(端末変えた!)をいじる京川(わっちー)先生

わっちー
「やっぱあいぽんよねー。やっぱツイッタよねー....。あらま、メールきたわ。」

メール文
「めいるがPJ303 にて収集した膨大なメールの調査結果が判明しました。下記リンクをご覧ください。」

わっちー
「ずいぶん時間かかったわね。めいるがデータを操作してたからか...。」

調査結果をつぶさに見るわっちー。

「そりゃそうよね。これじゃ…。まずいけど、必要な工程だわ....。
組織のオモテだった発表も今日つつがなく終わった。これから超忙しくなるわネ。」





…‥‥・・★

JUGEMテーマ:小説/詩

| ケータイ★メン | 第六話 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |