Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Mobile
qrcode
New Entries
Categories
Archives
キャラクター紹介


ケータイ★メン-KT
「ケータイ★メン-KT(ケーティー)-」
ケータイからしか登録できないサイトより呼び出すことができる謎のヒーロー?。 実際にいるのかも分かっていないという設定....。



ケータイ★メン-高波けいた
「高波けいた -タカナミ ケータ-」
通称 <チョメ男> クラAのおたく。



ケータイ★メン-腰越潤
「腰越潤 -コシゴエ ジュン- 」
一部通称 <JK ジエイケイ>
ユメ校1年クラスCで先生に指名され学級委員をやらされてる女の子。性格は強気で、大人っぽいことに興味を持つが、冷めてる面も...。趣味はピアノ。



ケータイ★メン-森木勝
「森木勝 -モリキ マサル-」
通称 <もりっきーまたはモリッキー>
自分はお笑いの才能があると思っている、明るく元気で一応人気者。<腰越同様クラスCの学級委員だが、実際は深夜にバイトをしたり意外な一面も。趣味はお笑い。



ケータイ★メン-柳小路めいる
「柳小路めいる -ヤナギコウジ メイル-」
一部通称 <コジメまたはめいるちゃん>
同じくクラスCのちょっとハデ目ギャル。ふだんは結構イケアゲなのに、テストはいい点をとる。系統が違うがJKとは仲良し。



ケータイ★メン-メーラ
「ケータイ★メン-Mailer(メーラ)-」
めいるがケータイ★メンになった姿。あらゆるメールを操ることができる。格闘技系の技も得意。



ケータイ★メン-長谷映
「長谷映 -ハセ ウツル-」
一部通称 <カメオ>
クラスBのカメラ小僧。写真部。
写メを撮らせたら右に出るものはいない…。



ケータイ★メン-シャメオン
「ケータイ★メン-Shameon(シャメオン)-」
うつるがケータイ★メンになった状態。あらゆる写メを操ることができる。冷静沈着。



ケータイ★メン-京川和智
「京川和智 -キョウカワ ワチ-」
通称 <ワッチー>
ユメ高の美人教師。腰越らと同じタイミングで赴任してきた。イイ女マルダシだが、嫌みもない。男子にも女子にも教師達にもモテる!が、私生活は全く謎...。



ケータイ★メン-稲村純
「稲村 純 -イナムラ ジュン-」
通称 <???>
生まれてからケータイを一度も使った事がない。当然今もケータイを持っていない。よってケータイ★メンの技も全く通用しない...。ケータイ★メンの前に立ちはだかるキャラ。まだ出てくるのは当分先。

ケータイ★メンTwitter
Profile
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Links
Sponsored Links
Feed
Seach this site
2010.10.03 Sunday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2009.08.20 Thursday
そして、ぼく以外のお金がもどってきた
★・・‥‥…

さがわのおかあさん
「なんだかね、急に200万円、振り込まれたてたのよ...、そう、おばあちゃんの口座に。振込名義はね、全く知らない人。おかしなことがあるわよね。でもよかったわぁ、そうよー。…って、あれ!あ”あ”あ”ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああ!」

兎に角、お金はなぜか、ばぁばのもとへ戻っていた。
UかU、おかんがやまと(さがわの下の名前よ)が子供のころからためていた口座の100万円は、全額引き出され0円になっていた。そして、

さがわ「あれ!あ”あ”あ”ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああ!、金がナイ????」

さがわが出し子のバイト代としてためていたネット口座の金も全額なくなっていた。
さがわは直感した。

「け、ケータイ★メンだ。。。。。ばあちゃんのところに200万はもどって、おかんが作ったたおれの口座の100万は消えていた。そして、おれのへそくりネット口座の50万円もなくなっていた。おれが、いままで派手に遊んだ50万円を合わせてぴったり、200万円。。。おれの金は全部なくなって、ばあちゃんの200万円だけもどった(。・д・。)。。。。。。。。」






答えは簡単だった。ケータイ★メンは、佐川の勇気は認めたが佐川のいままでの罪は許さなかった。
そのきっかけを本登録で与えたのだ。







次の日
じゅん「     才八∋ゝ(・ω・´)」
さがわ「ああ、オハよ」
じゅん「げんきないッスね(´∀`)」
さがわ「ああ、でもなぁ....。」
じゅん「カッコよっくなったじゃん、さがわ。」

さがわ「( ;´)Д(` )ええ? 」
じゅん「だって、ばあばのためによくやったよね。ちょっと見直したヨ。」
さがわ「(●∴゚_ゝ゚)? 」
じゅん「キャハ!(とびっきりの笑顔=ふだんこういう顔をしない娘がたまにすることにより効果倍増)」

さがわ(すんげーかわいいじゃん(●´・ω・)。まぢで。じゅん。オチタ。)

わっちー「オヒュゥゥス( ・∀・)ノ゙」
じゅん「ああ、オハオウゴザイマス、せんせ、相変わらずステキですねぇー」
わっちー「あーら、腰越め、いきなり押さえ込みに入っているわね( ・ω・)」

じゅん「せんせ、めいるはもうだいじょぶですか?」
わっちー「だいじょぶよ、来週からガッコ来れそうよ(そのハヤメの話題転換もアヤスィ)。でも、さがわくんなんであんな連中とモメゴトになってたの(知ってるけど)?」

さがわ「なななななななななな((・ω・*≡*・ω・))!なにをいうんすかセンセ!いきなりからまれたですよ!そんでなんだかスゴイことに((・ェ・。)(。・ェ・))((・ェ・。)(。・ェ・))...。」

わっちー「まあ、無事でよかったわヨネみんな。
お金も戻ってきたんでしょ( ´^,_」^)?」

さがわ「(;゚;Д;゚;;)なんで知ってるでつか???」
じゅん「エ!そうなの!ばぁばの?ヨカッタ(´∀`人)ネ」

わっちー「ケータイ★メンがやったんじゃない?(なんかじゅん違う。こやつ、、、、わかりやすいな。やっぱ若いってイイネ(●´U`●))なーんてね。」

じゅん「センセはケータイ★メン信じてるんですか?」

わっちー「 (´・д・`=´・д・`)ィヤィヤイナイでしょ。でも、もしサイトにたどり着いたら登録しちゃうかもネ。」

じゅん「そしたらセンセはなんて登録するんですか?」

わっちー「早くケッコンしたいでつってねヽ(´O`●)ノ!
ウフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフ」

じゅん&さがわ「アワワワワ((((;゚д゚))))アワワワワ((;゚Д゚))ガクガクブルブル








昼休み@屋上

まわりには昼休みを謳歌する連中がちらほらいるなか、もりきがひとり神妙な面持ちでブツブツつぶやいている。

「なんで、わっちーはあんなにタイミングよく現れたんだろ。しかもさがわを助けにきたというよりはめいるを助けにきた感じだった....。
まあ、あの状況からすれば妥当か?
めいるもなんでぶっ倒れたんだろ?
ケーサツもおれらには全然からまなかった?
いや、それにあの場所でケータイが異様な量のメールを受信していた。ぼくのケータイにもあの瞬間で100通近くが未読のまま(まあスパムメールなんだけど)。なんか気になるな...........。そして最近さがわを見るJK(じゅんのことよ)の目も気になる......。いや、まさかな、JK(じゅんのことよ)が、あんな男に興味もつわけないし(-ω- ?)。」




そして、ふともりきが横を見ると....。
もりき「うわ(゚Д゚)!チョメ男!、いや、クラAの、タカナミくん?だよね?」

けいた「…(ひたすらメールを打っている)」

もりき「(こいつだ、こいつがやっぱ一番アヤスィ、なんかネタ引き出せるか?)あああ、ああ、たかなみくん、京川センセって美人だよね、うちの担任だけど、ほんといけてるよな。ぼくなんか毎晩センセーストーリーモノだもんね│*゚∀゚*│」

けいた「…(ひたすらメールを打っている)」

もりき「(下ねたにはのってこないな)ああ、あああ。すまんね、いきなり。ぼくはクラCの森木でつ(゚∀゚)!よろしく!」

けいた「…(ひたすらメールを打っている)」

もりき「( ´益`).........」


けいた「…(ひたすらメールを打っている)」
以下繰り返し








…‥‥・・★

JUGEMテーマ:連続ブログ小説
 
| ケータイ★メン | 第三話 | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.08.16 Sunday
終了だ。いままで盗り出した金は全て返金した......。
第三話ここまでのあらすじ!大学生との合コンでじゅんは柳小路めいるを誘いそこでクラAの佐川が出し子のバイトでチョーシこいているという情報を得る。なんにでも首をつっこむもりっきーと一緒にクラAに行きそれが事実と確認。クラAには怪しいチョメ男がいることをじゅんは気にしつつ、佐川が自分のばあちゃんが振り込め詐欺でだまし取られた金を引き出してしまい、その金を取り戻そうと単身ヤーさんのもとへ乗り込んだがボコられる。そこに助けに来ためいる、じゅん、もりっきーはめいるの華麗な回し蹴りをみせつけられが、めいるが暴れれば暴れるほど周囲のケータイが暴走しだしてパニックに陥る。そこでわっちーが助けに入ったが...........。

★・・‥‥…




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
ケーサツに追い回されなんとか逃げ切ったヤーさまら

幹部(;-_-)「なんだかワケわからんけどエライ目にあったな....」
部下(´ρ`)「ケータイにえらい数の迷惑メールが来てますよ...。まじヤバイッス。これ..。電源オフってますよ....。」









ズゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥーーーーーーーンン

とにかくまずするどい目が、その眼光が飛び込んで来た。
すこしうつむき加減なので必然的にゲキガンクレの体勢。
そして、引き締まった身体。握られたコブシ...。





そこにいたのは…、そう、ケータイ★メン(0゚>∀<)キタコレ!(0゚>∀<)キタコレ(0゚>∀<)キタコレ(0゚>∀<)キタコレ(0゚>∀<)キタコレ(0゚>∀<)キタコレ!
「KT参上!」

幹部「おまえ、まさか、ケータイ★メン?」

ホブゥゥゥウウウウウウウ!
部下「のびた!げ!ケータイ!とられた┌|゚□゚;|┐!」
幹部(・口・)「マズイ!おまえタヒるぞ!」

KT「…」

部下「なんか、めっちゃケータイうってる!ハヤ(ノ゚□゚)!神?」
幹部「バガ!ナァにぼおぉっとしてっだよ!早く取り返せっっっっ!!!ケータイ★メンにケータイ盗られたらヤバいって知ってっだろ(゚д゚;)!」
そういって幹部、自分のケータイを取り出し地面にたたきつけようとする!
ケータイ★メンの目がヒカル

ゴカ!
ケータイ地面にてぶち当たって壊れっ!
部下「え”!!!まぢっすか!なんてことするっすかq|゚Д゚|p?」

幹部「どうだ!ケータイ★メン、ウワザじゃあケータイをあやつって攻撃するんだろ?ケータイ物故われりゃ、どーしよーもねーっだろ(`□´)/!?」

KT「…」

だまってKTが物故わた幹部のケータイを拾う。
幹部「へ?無理だろ?ナンモできねーっだろ?」

しかしKTはケータイを握って見透かすように、また親指タイプをハジめた!
幹部「、あ。まさかぁ(;゚ロ゚)!SIMカード????」







KT「終了だ。いままで盗りだした金は全て返金した。」

幹部&部下「(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )(・◇・ )」








「ケータイ★バスタァッ!」

「オズヌぅーーーーー!」












☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
じゅん「大丈夫?めいる(。_。;)?」

保健室で寝かされているめいるに、じゅんが声をかける。


めいる「だ、いじょぶ。」と小さな声でうっすらと目を開けて応えるめいる。


もりき「しかし、すごかったな。めいるちゃん。伝説でしょ、あんだけのヤローたち相手に大立ち回りだもんね。」

さがわ「ありがとな、みんな。オレがひとりでバカやってるのに、こんなことに...。」

もりき「ほんとだよ、オマェがアブネー橋渡ってから、こんな目に…」

じゅん「いや、待って、佐川君さ、ユーキあるけど無謀だけどさぁ、ケータイ★メンの本登録の内容はアノ通りだったの?」

さがわ「ケータイ★メンの本登録画面には、『輩にmonsoon裏の駐車場で接触し、高らかにケータイを取り出して「ケーサツに言う」と伝フ、そこで待て。』って。その通りに実行したつもりだなんだけど、ソッコーケータイ壊されて....。」

じゅん「もりっきー、ケータイ★メンの本登録は必ず実行されるよね?」

もりき「イエズス!」

じゅん「佐川君、そのアト何かない?変わった事とか?(なんだよ、モリキ「イエズス」って?(´○`;)」



さがわ「( ´Д`)なんかあっかな…」




そのとき、さがわのケータイが鳴った。







…‥‥・・★
JUGEMテーマ:連続ブログ小説

| ケータイ★メン | 第三話 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.08.08 Saturday
めいる!暴走!
★・・‥‥…

 次の瞬間!

ヴン!
すかさずめいるのまわしゲリ!

しかし、さすが幹部!コンマ何ミリでかわす!

じゅゆん「ア!みえた、いま見えた!?。
めいるの回し蹴りのキレイな円を描くのに反して、コマかなメールがその曲線にそって散っていく?そう、ブン回されていいくのが見えた!?(◎∧◎)。少なくともあたしにはそう見えた?!」



・゜・*:.。..。.:*・゜
当局「メールエラー108区で急増!」
京川「まぢ!?ナニゴト??(;`・ω・)ノ!!」
当局「わずか.2msで3満5先見エラー!」

京川「ン”!!!!イクかぁ!」
・゜・*:.。..。.:*・゜








モリキ「めいる、いくらなんでも相手が多いよ、まづい!どーする!?」
じゅん「それより、見えない?あの桜吹雪みたいな???」


さがわ「まぢムリっす(×凸×)!まぢムリっす(×凸×)!まぢムリっす(×凸×)!まぢムリっす(×凸×)!まぢムリっす(×凸×)!まぢムリっす(×凸×)!まぢムリっす(×凸×)!」

むーむー、むー。むー。幹部他、ワル連のケータイが一斉にうなりだす!!!



・゜・*:.。..。.:*・゜
当局「だめです、鯖オチますぅ"<{O□O}>"!」
・゜・*:.。..。.:*・゜



めいる「うぐ!」
突如吐き気のポオーズ

じゅん「そ、そのケータイ?(('A`;))」

京川「ちょっと待っタア!」
じゅん「センセ!!!!!!!
  。。
   \\
エ━━( Д ;)━━!!!イツキタ?」

もりき「なああああんでワッチーがここへ??☆( ̄□ ̄;)クンノリングス????」

京川「アンタたち!ユメコー(ウチ)のセートに何してんのよっっっっっっっっっっっっっっっっっっxっぉ(´゚д゚`メ)!ケーサツあと3プンゴにくるよ!!!!!」


幹部「おおおよ、キョニュリンセンセε=(´゚ε゚`)かぁああい?、いや、おいらたちは何もUてねーんすよ。ここの異性のいいねーちゃんが、オイラったtにボーリョくふるウんですゥ〜。」


めいる(真っ青になってうずくまっている(((( ;゚Д゚)))))


辺り以上なケータイのメール着信音!

パトカーの音、ほんとにキタコレ キタ ━━━ヽ(´益`)ノ ━━━!!

もりき「やあああああっっべえマヂヤベエ!クルーゥゥゥゥゥゥゥッゥゥ゚Д゚)」

じゅん(めいるにかけよる)「ダイジョブ(0゚Д゚)??」

ほぼぶったヲれたまんま放置のさがわ!
「おおお。なんかすんげーコトになってきネ???とおもいつつも、見た目は地味__(0゚・∀・)じゅんのパンチーミエテネ?」

幹部たち「とにかくチレ!チレ工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工」

パトカーの音がスグソコ!
ようやくまともな声?
「ハイ!ナニやってんだ!きみたちィ゚Д゚)ハァ―!」

めいる「((((・ω・)))プルプルプル 」
痙攣してる!白目!?
じゅん「みえいるぅぅぅx(((n;'Д'))η!しっかりして!死なないでー!」

京川「だいじょぶ、だいじょぶよ、オチツイテ!」

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブ(((((((( ;゚Д゚)))サガワ!)))))ガクガクブルブルガタガタブルブ(((イタクない?((((( ;゚Д゚)))))やっぱやさしいね)))ガクガクブルブルガタガタブルブ(((((それよりコッチだろ!((( ;゚Д゚)))まぢやべってきゅーきゅうーしゃぢゃない?)))))ガクガクブルブルガタガタブルブ(((((だいじょうぶ((( ;゚Д゚)))おちついて!)))))ガクガクブルブルガタガタブルブ((((((いいー^かrた!(( ;゚Д゚)))ああああ)))))ガクガクブルブルガタガタブルブ(((((あいつらニゲタ?((( ;゚Д゚))))なっさけないわネ!))))ガクガクブルブルガタガタブルブ((((だってー(((( ;゚Д゚)))))イヤイヤみんなやったよ!オクやったよ!)))ガクガクブルブルガタガタブルブ(((((((( ;゚Д゚)))とにかく、いいから)))))ガクガクブルブルガタガタブルブ(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルもうダメせんせドサクサにまぎれてサワったろガタガタブルブ......................














ニュース
「3キャリア同時、一時メールが不達。原因不明、サイバーテロか?(記事889)」













けいた「やっちゃいましたね(・∀・)」
京川「…(´∇`)」
けいた「18万通メールトビましたお(・∀・)」
京川「…(´∇`)」
けいた「死末書ですか?」
京川「…(´∇`)」
けいた「(*´艸`)」

京川「チョーッシくれてないで!
ただ、スゴイわね.........。
たったあれだけで、
あんだけメール、、、、
ぶっ壊したわ...(・ ー・*)......あの子。」






…‥‥・・★

JUGEMテーマ:連続ブログ小説


| ケータイ★メン | 第三話 | 02:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |